盛況のうちに終了!全国発酵食品サミット in 白山

盛況のうちに終了!全国発酵食品サミット in 白山
「全国発酵食品サミット in 白山」が
2015年3月21日から2015年3月22日まで
石川県白山市で行われました。
当日はたくさんの人が来場して大賑わい。
普段は食卓の名わき役として目立たない存在の発酵食品が
堂々たる主役として大勢の人に注目されました。

 

ところで、発酵食品というと何を想像しますか?
納豆、キムチ、ぬか漬け…。
やはりパッとすぐに出てくるのはそれぐらいでしょうか。
でも、発酵食品はもっともっとたくさんあるんです。
身体によくて、おいしい発酵食品の魅力をもっと知ってもらいたいと
開催されたのが「全国発酵食品サミット」の始まり。
今回でなんと7回目なんですよ。

 

「全国発酵食品サミット」では、
その名のとおり全国からたくさんの発酵食品が集まります。
「こんなにたくさん発酵食品ってあるの?」と思わずびっくりしてしまうかも。
そのくらい、たくさん集まります。
試食をしながら、発酵食品について知り、そして購入することもできるので
ゆっくりと発酵食品に触れることができます。

 

もちろん、それだけではありません。
発酵食品の知識をもっと伝えたいという思いからシンポジウムも開催されます。
「全国発酵食品サミット in 白山」では2名の有識者の方が
発酵食品の歴史や、発酵食品を使って街づくりをするためのヒントを
わかりやすくお話してくれました。

 

発酵食品のあれこれを知ってから改めて発酵食品をいただくと、
よりおいしく味わえるので、シンポジウムに参加してから発酵食品を
いただいてみましょう。

 

親子で発酵食品をもっと知りたいという人には、体験型のイベントがあります。
「全国発酵食品サミット in 白山」では
親子クッキングスタジオが行われました。
当日は発酵食品の「甘酒や塩糀」を使った、
「ねぎねぎチキンカレースープ」と「甘酒スイートポテト」の2種を
親子で楽しく作っていました。

 

「甘酒や塩糀」はよく耳にはしますが、料理に生かすということは
あまりないのではないでしょうか。
塩糀は大ブームを迎えてからは、
お料理の下味として使う人も増えてきましたが、
それ以前はあまり知られていない発酵食品でしたし、
甘酒は飲んだり鍋に使う程度の人が多いのではないでしょうか。

 

親子で楽しめるイベントもあるので、次回も期待したいですね。