発酵食品のこと、知っていますか?

発酵食品のこと、知っていますか?
毎日発酵食品を食べていますか?

 

発酵食品が体にいいということは多くの人が知っていると思います。
料理雑誌やインターネット、テレビ、ラジオなどで
発酵食品がどれだけ体にいい影響を与えてくれるかという情報を
紹介していますからね。

 

ちょっと前には塩こうじが爆発的ヒットしましたね。
スーパーではこうじが売り切れてしまうこともしばしば。

 

お味噌の手作りも今ブームですね。
ゆっくりと時間をかけて発酵させた手作りお味噌は、
おいしいのはもちろん愛情すら感じさせるようです。

 

じわりじわりと流行っている発酵食品ですが、
果たして日々の生活にどれだけ発酵食品を取り入れているかと問われると、
毎食必ずというのは正直なところ難しいですね。

 

そんな人におススメのイベントが石川県白山市で開催されたんです。
「全国発酵食品サミットin白山」、ご存じでしたか?
一般社団法人日本発酵文化協会という団体が主催した
発酵食品のことをもっと世に広めようというイベントです。

 

このイベントでは発酵食品の販売はもちろんのこと、
シンポジウムやパネルディスカッション、交流会、
親子料理教室などが盛大に行われ、
来場した人は発酵食品一色の会場に改めて発酵食品の素晴らしさを
実感しました。

 

このイベントでは発酵食品の素晴らしさを広めるという目的の他に
もうひとつ、発酵食品で街を活性化させようという壮大な目標があります。
なので、開催地の名産でもある発酵食品が多く紹介されているのも特徴です。

 

石川県白山市の名産といえば、フグのぬか漬け。
フグの卵巣をぬか漬けにしたものです。
テレビなどで紹介されることも多いので、知っている人も多いかもしれません。
でも、初耳の人からしたら
「フグの内臓は毒があるから食べられないんじゃないの?」
と驚かれるかもしれませんね。

 

確かにそうなんです。
フグの内臓は猛毒なのでそのままではもちろん食べられません。
でも、フグのぬか漬けは発酵の途中で猛毒が分解されるらしいのです。
そんな古くから伝わる石川県の郷土食のフグのぬか漬けも、
発酵食サミットでは大好評でした。

 

このようなまだまだ知らない発酵食を発見できる発酵食サミット。
次回はいつどこで行われるのでしょうか。
楽しみですね。