石川県の郷土食を一堂に集めたサミットが開催されました

石川県の郷土食といえば発酵食品が多くあるのですがご存知でしたか?
素材が新鮮で質がいいこと、水が良質なこと、
湿度や気温が発酵に適していることなど
発酵食品を作るのにもってこいの地域なのです。

 

そんな石川県で2015年3月21日(土)から22日(日)の2日間にわたり
開催されたのが「全国発酵食品サミットin白山」。
石川県白山市の美川文化会館を会場に、
石川県の発酵食品が一斉に集まりました。
その中のごく一部をご紹介しますね。

 

「ふぐの卵巣のぬか漬け」はふぐの卵巣を3年以上ぬか漬けにした
珍味ともいえる発酵食品です。
猛毒を持つ卵巣もぬか漬けにすると毒が分解されるので、
安心していただけるのですが、そのメカニズムはいまだにわかっていないので
作り方は昔から変わることなく、丁寧に作られています。
お酒の肴におススメです。

 

日本酒もお米を発酵させて作るおいしい発酵食品ですね。
発酵飲料といった方がいいでしょうか。
石川県はお水がおいしいので、
出来上がる日本酒もとても美味しいのが特徴です。

 

中でも出品された「白山菊酒」は絶品中の絶品。
白山から手取川に流れる伏流水を使って作られた「白山菊酒」は
日本酒通にはたまらないおいしさです。

 

「bウば」は塩と醸造酢でしめた国産のサバを
米こうじに漬け込んで発酵させたしめさばです。
米こうじに漬け込むことで、しめさば独特の酸っぱさが和らげられるので
酸っぱいのが苦手な人でもおいしくいただけます。
おいしい日本酒とともにいただいたら最高ですね。

 

昔から伝わる発酵食品もあれば、新しく商品化されたものもあります。
株式会社中井英策商店が出品した「キンキのいずし」がそれ。
いずし自体は昔から伝わるもので、
魚介類を切り身にしたものを米こうじなどに漬け込んで発酵させたものです。
それ自体は珍しくないのですが、
キンキという高級なお魚をいずしにしたというのが日本で初めてなんだそう。
あっさりとしていて上品な味に仕上がったキンキのいずしは
一度食べたら忘れられません。

 

石川県の発酵食品のおいしさがこれでもかというくらい紹介された
「全国発酵食品サミットin白山」は大盛況で終了しました。
次回が楽しみですね。